バッテリー長寿命化のためにノートPCを8割充電モードに切り替える

Hybrid ZEROはバッテリー内蔵型なので、後日にバッテリーの持ちが短くなったとき、新しいバッテリーを買って交換すればハイ復活、というわけにはいかない。

そこで、バッテリー寿命が長くなるように8割充電モードを設定しておく。以下の方法はNECのノートパソコンでの手順だけど、他のPCでも手順違えど8割充電に対応できるものは多い。(同じHybrid ZEROでも、軽さ重視で標準バッテリー搭載タイプを選択したなら、使用時間との兼ね合いもあるから、8割にするかはよく考えたほうがよさそう)

アプリから「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」を選択。

バッテリーリフレッシュ&診断ツール

診断ツールの案内画面が表示されるので、右下の「次へ」。

右下のほうにある「充電モードの設定」ボタンをクリック。

バッテリーの充電モードを、「フル充電モード」から「8割充電モード」に変更して「OK」ボタンをクリック。

これで「現在のモード」が8割充電モードに切り替わるので、完了。

一日持ち歩いている場合でも、実際の使用時間は細切れになることが多いので、おそらく8割モードでも十分事足りるんじゃないかと現時点では考えている。まあ実際のところどうなのかは、しばらく使ってみないとなんともだけど。

関連記事

  1. 電子署名キット
  2. 許認可プロシリーズ「建設業」
  3. Hybrid ZEROのキーボード